定休日 水曜日・木曜日 営業時間 11:00~19:00 照明点灯は13:00~

タイミング

今週もまた寒いのですね。週中は雪マークでてるし。
寒いので帰ってくると眠い眠い・・・炬燵で安眠してました。

さて、タイミング。
当店で一番多い質問は立ち上げ。そしてえびを入れるタイミング。
答えるのも一番難しい質問です。
使っているソイルや水、換水の有無、水草の有無でそれぞれタイミングが変わってきます。
色んな試薬で各数値を測る事も大事ですが、一番大事なのはえびの様子を良く見る。

よく魚は調子悪いと分かるけど、えびは分かんないよね~って、言われますが。
えびも良く見ると分かるのですよ。
ストレスが無く元気の良いえびは尻尾をピンと上げて捕食活動をガツガツ行います。
逆に水質他によるストレスを感じるとえびは尻尾を下げます。
尻尾を下げてソイル面をズルズル引きずるように歩くのです。
捕食活動も本来の動きよりかなり緩慢になります。
身体がくの字になってきたら手遅れですけどね。
こうなった場合、ストレスの要因にもよりますが換水やバクテリア添加など必要になってきます。
おっと!これ以上はここじゃ話せね~!(笑) 続きは店頭で!

そうそうひとつお願いがあるのですが、色々ご相談に来られる前にひと調べして欲しいのです。
皆さん漠然と質問を持ってこられます。
せめてご自分が利用している水槽、ソイル、濾過など水槽データを持ってきて下さいね。
お医者さんと同じで、何も分からない状況では何も答えは出せないのです。
無駄足かけさせると申し訳ないのでひと調べしてお願いします。
水槽の写真など携帯で撮ってきてもらえると非常に喜びます。


ちょうど目の前に1月3日にセットした水槽がありますので少し。
ソイルは色々使いますが、基本ブリーダーズ黒、アマゾニア、プラチナです。
450キューブ アマゾニアN9L 同パウダー9L
セット後即植栽、全換水5回、その後飼育水40L投入。
水草とコケの様子見ながら20日間放置。40L換水後、えび10匹投入。
僕は15mmくらいの個体が一番生命力があると考えているので稚?若えびを投入します。
2日おきに5匹ずつ追加します。もちろんえびの調子が良い場合です。
最終的に30匹投入して、これが1ヶ月後に20mm前後に成長して抱卵を迎えます。
3月の下旬には、稚えびが見れるというわけです。
若えびなので連続抱卵するので、セット後3~6ヶ月をピークにドンと増やせるわけなのです。
でもまあ、なかなか計算通りに行かないのですけどね!これもまた醍醐味というとこです。

jijiji.jpg

iphone画像でごめんなさいよっと。
今や懐かしいADAの旧ステッカー。EHEIM旧型ディフューザーなんか最近じゃ知らない人が多いのですね。年を感じてしまいます。
水草は中~後景にミクロソ ウェンディロフ。こんもりさせてここでたくさん稚えびを産んでもらいます。
サイドにミクロソ ラオス・パクセ。高さを出してくれるので上部にも生活域を作ります。
クリプト ウェンディグリーン。10年ぐらいキープしてんじゃなかろか?これは底床内の環境保全?のため。これまたいつか書きましょね。
前景ヘアグラス ベリーショートとかだったかなあ。ベレン産だったような。ここで7年くらいキープしてるので止められませんてだけです。
ここから様子見ても少し植えて行きます。でもけっこう植えてるでしょ!

でも良く見たら自宅の水槽はモスあんまり使ってないなあ・・・
店では「モスは欠かせないでしょ!」なんて営業してるんですけど!(殴蹴斬

それでは、明日もご来店お待ちしております。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する